鯉のぼりの見分け方

好みです(きっぱり)え、答えになってない?
でも、鯉のぼりの見分け方って洋服と割合近いんですよ。
目で見て値段に見合ってるかどうか判断するのもそう難しくないんで。
節供物にしては珍しく、見た目でごまかしが効きづらい商品です。

あ、縫製が断ちかがり(ロック仕立て)になってるかどうかぐらいは見たほうがいいですね。
デニムとかの生地の縫製に良く使われている奴です。



(尾のほうから開けば簡単に見られます)

後は、普通の買い物といっしょで、値付けが良心的で信用できるお店を探してください。
オリジナル商品を売りにするお店は特に注意。
「オリジナルって、何がオリジナルなの?」
→実は「パッケージ」が。
みたいなお店も結構あります。
メーカーへの特注って場合もありますが、そういう時はメーカーは自社の名前も入れます。
販売店の名前しかないパッケージは怪しい、と思ったほうがいいです。
まず間違いなく値段の比較をさせないための小細工ですね。

中には自社専門の工房を持っているなどというお店もありますが、
そのお店で一年に売れるのは何本ですか?ウン千本も売れてるとでも
新生児の出生率を考えてください。とても職人さんは食べていけませんよ。
それでも商売が成り立つのなら、とんでもない利益率ということになります。

それから、鯉のぼりには綿製に本染め(或いは手書き本染め)のものがあります。高級品です。
仮にこれを置いているお店で化繊のほうが高級というお店があるとしたら、
(普通はないですけどね)そのお店は信用に値しません。
綿製は生地のせいもあって一見地味ですが、生産数が少なく、
又、洗うことによってなんとも言えないいい味が出ます。
(縫製といい、ほとんどジーンズの世界ですねー、これは)

鯉のぼり比較表
生地 ナイロン/ポリエステル製 綿製
染め方 プリント/注染
(染料使用)
プリント/
注染
(染料)
(顔料)
本染
(顔料使用)
手描本染
(顔料使用)
発色 蛍光色が普通
染料を使っているので
色自体も明るい
←染料の物

顔料の物→
蛍光顔料を使わない限り
蛍光色にはならない。
やや渋めな色使いの物が多い。
褪色 最初は明るいが、
いったん褪色が始まると
急速に色がボケてくる。
←染料の物

顔料の物→
作務衣やジーンズ同様、
緩やかに褪色していく。
金、銀の入れ方 顔料(塗料)/
上級品は
箔押しの事もある。
顔料/箔押し 顔料/箔押し
無地の縁取り メーカーによってどちらでも。
上級品は
縁取り風にしたものが多い。
糊置きによって主線を作る為
「有」
ただし、塗りつぶして
手間をかけたものも。
すべて手描きの為、
基本的には「無」
制作者の好みで
あえて縁取り風にする
こともある。
セットでの値段 ピンキリ。
サイズにもよるが、
普及品は2万前後から、
高額品では
20万を超えるものまである。
やや高め。
 5・6万〜
高め
  15万前後〜
希少性 あえて限定品を
設定でもしない限り
ない。
生産数が
少なくなってしまったので、
それなりに。
とにかく数が無いので、
希少性は高い。
伝統工芸士等の手によるので、
作家性もある。
しかし、高額につくのは事実。

→本染鯉のぼりの糊置き
→本染鯉のぼりの絵入れ

戻る