裂地について

写真をクリックすると別ウインドウが開きます。
金襴
一丁〜六丁
金彩友禅
/帯柄
帯地/
正絹唐織
→紋様についてはこちら

雛人形の正絹表示は要注意

正絹と言われれば普通思い浮かべるのは「100%正絹(総正絹)」ですが、
縦糸か横糸のどちらかが絹糸のみで織られていれば正絹表示はして良いことになっています。
つまり、縦正絹(縦糸のみ正絹)横正絹(横糸のみ)や、
縦二倍正絹(横糸は50%のみ絹)横二倍正絹(縦50%のみ)
といった生地を使っていても正絹表示はできるのです。

風合いは100%正絹の物と変わらないので、表面を見ただけではプロでも見分けがつきません。
コストを下げる、という意味合いではこれでいいんですが、
購入者を欺くためにこれを利用している店は許せません。
「正絹(高級品)だから高いのは当り前」「ウチの有職雛は皆100%正絹だ」・・・
ウソです。
100%正絹の衣装雛なんて、全体の1%すらありません。
それに、二倍織物(ふたえおりもの)など、
織方によっては只の総正絹の物より高くつくことすらあります。
(もちろん、総正絹で二倍織物にすればさらに高くなるわけですが)

こういうお店は信用しないこと。

戻る